たぷログ

たぷログ

便利で見て楽しい使って楽しいガジェット・IT・文房具・家電などなど、旬な情報をたっぷりお伝えします

KOKUYO CamiApp S

仕事で必須アイテムのメモ帳

 

 

 

 

お仕事をされている方のほとんどがメモ帳を常に携帯されていて、要件を書いたり、スケジュールを管理したり、アイディアを書きためたりと人それぞれの使い方があります

そんなメモ帳ですが、メモに書きはするけど後で見返す時にどこに書いたのか忘れたり、紙に残しておいてもかさばって捨ててしまったりする事も少なくないと思います

僕自身もメモを取るのはいいんですが、空いているところに次から次に書いていってしまうので、後で見返したときに「どこやったっけ?」と苦労することがあります

また、せっかく書いたメモを仕事の過程としてデジタルデータで残したいと思うこともあります

そんな苦労を無くしたいと思いませんか?

なんと、便利なメモ帳がKOKUYOから発売されていました

今回はKOKUYOの「CamiApp S」について紹介します

KOKUYO 「CamiApp S」

外観

f:id:tapugu:20170418220718j:plain

外観はこのような見た目です

写真はノートタイプとなっていますが、メモパッドとの2種類となっております

f:id:tapugu:20170418225043j:plain

ペンは専用のものとなっており、少し太めのペンです

メモの保存方法

このノートの特徴はいつも通りにメモをとれて、1アクションでメモした内容をクラウドに保存できることです

この「CamiApp S」以外のデジタルデータで保存してくれるメモ帳もありますが、ほとんどがカメラで写真を撮影して、保存するというものです

カメラ撮影型のメモ帳は後から撮影するという動作がめんどくさくて結局最初だけやってだんだんやらなくなることも・・・

この「CapApp S」はカメラで撮影一切しません

その仕組みはノートをはめている本体が専用ペンに内臓しているコイルの場所を読み取って、デジタルデータにしているものです

残す作業もノート右下にある枠にチェックするだけです

f:id:tapugu:20170418222542j:plain

こんなに簡単にできるので、どんなに忙しくてもメモを取ったその瞬間にデジタルデータにすることができます

これだけで効率がとても上がります

仕事でやった内容を残したい時にはそのまま残しても、P.P.に貼っても良いので、いろんな活用ができます

便利な文字認識機能

f:id:tapugu:20170418223228j:plain

また、もう一つの特徴として文字認識機能があります

メモの種類によっては日付、タイトル、時間を書く欄があり、そこに書いた文字が自動で認識され、コメント欄にそのデータが載ります

この機能で、日付ごとに管理したり、タイトルで見つけたいメモをすぐに探すことも可能です

この文字認識機能は約80%の認識率で万が一間違えていた時は手入力で修正可能です

この文字認識機能は本文でも使えるので、書いた文字をテキストデータとして扱えるので、メモの内容を文字に起こす手間もありません

アプリとの連携も可能

f:id:tapugu:20170418223915j:plain

メモをgoogleカレンダーEvernoteにアップすることもできます

googleカレンダーでスケジュール管理されている方も多く見られるので、スケジュール管理とメモを一括でできるツールとして活用することも可能です

アップするときは毎回選ぶという作業が入ってきます

しかし、そこも便利な機能があってアクションマーカーと言われるものの塗られたパターンでアップ先を簡単に選ぶことができます

 

f:id:tapugu:20170418224658j:plain

毎回アップしたい人にとってはとても便利な機能

そんなことまで考えて作られていることに感動です

使い方によって選べる2タイプ

選べるタイプは2種類、罫線の種類は各3種類となっています

・ノートタイプ

f:id:tapugu:20170418225221j:plainf:id:tapugu:20170418225228j:plainf:id:tapugu:20170418225235j:plain

 

・メモパッドタイプ

f:id:tapugu:20170418225245j:plainf:id:tapugu:20170418225249j:plainf:id:tapugu:20170418225253j:plain

文字をひたすら書く人は罫線タイプ、図形を書く人は方眼タイプなど選び方は自由です

効率よく仕事ができれば結果がついてくる

効率を上げるということは、今までその作業に費やしていた時間が別の作業に当てることができる

もっと言えば、他の人と同じ作業をしていたとしたら+αでほかの作業ができ、やれることは誰よりも多くなり、それを自己啓発に充てて自身の向上に努めることができる

仕事ができる人はどんな作業にも効率を求めて動いているかもしれません

まずは身近なところから効率化を図りませんか?

メモを上手に残していきたい人におすすめです

IOS


 

 


 

 

android